映画「天気の子」

率直な感想としては新海さんが戻ってきた!みたいな感覚でした。どのへんまで戻ってきたかというと「ほしのこえ」や「雲のむこう、約束の場所」あたりまで。エッセンスはずっと残しつつ、ずっと試行錯誤していたような感覚で、ようやく元のの場所に戻ってきた。(元の場所のつもりはないんでしょうけど)

あとは何も言うことなしです。セカイ系とかいわれるけれるど(歴史的にはポスト・エヴァ系といった方が解釈しやすいと思いますが)新たな文化の系譜を着実に切り拓いていっているなと思うわけです。きっと新海系とかいずれ言われるわけです。

新海さんらしいアニメーションのエッセンスを時々考えるのですが、というのも背景がリアルだとかよく評されるのですが、そこにはやや違和感があって、別に他のアニメでも同じくらいの描写レベルのものはあると思います。違いはやはり、切り取り方とアニメーション。

切り取り方はシーンの選択もありますが、もう一つは被写体深度。いわゆるボケ感です。アニメでボケ感を出す手法は昔からありましたが、多用はされませんでした。それが、新海さんのアニメではいわゆる短焦点レンズで切り取ったクローズアップの場面を多用します。この辺は岩井俊二の映画の影響が強いと思いますが、それをアニメーションでやったのが新しかったなと。そこから「君の名は」ではホコリのボケを加えたり、実写にあるエッセンスをうまく取り込んでいるなと思いました。

もう一つはロングショットのカメラワーク。今となってはドローンがあるため一昔では考えられなかったカメラワークを実写で実現してますが、アニメーションでそれをやったと(やってたというのが正しいか)。これも昔から手法はあったにせよ、省エネのセルアニメの時代の手法では背景をアニメーションさせることを嫌う傾向にありました。その時代からCGの時代になって、背景も視点もカメラもぐりぐり動くというのが新しかったなと。天気の子ではドローンを意識したカメラワークもあって実験的だなと思いました。

さて、一点だけ違和感があり、その一点によって少し評価が難しくなったところがあります。それは前作のキャラクターの登場。ただそれは人によっては歓迎する人もいるっでしょうし、パロディということでよく使われる手法でもあります。古参やシリーズファンへのファンサービスでもあったりしますし。ただ、今回はかなりガッツリした形っで主人公たちに絡む部分があって、いわば2つの世界が交わってしまった分けです。それが否というよりは、混乱してしまったというのが正しいです。ちらっとちょっとしたところで出てくる分には構わないのですが、ストーリーとしての絡みがあると、かたや前作のストーリーを知っているわけですから、そのストーリーとの整合性をとろうとしてしまうところがあります。前作のストーリーも前提で展開を予想してしまう、といったところ。唯一そこだけでした。(野暮ですが、前作のキャラクターたちも、本作のエンディング後の世界に同時に生きているのだなと思うと、なんとももんやりした気分になる)

あとやや余談でっすが、エンドロールでは京アニの事件のことをふと考えてしまうことがあり胸が締め付けられました。そんなこともあってやや涙。

映画「未来のミライ」

テレビで見たわけですが、もっと早く見ていればよかったなぁという作品でした。

公開当時、あまり周囲の評価が芳しく無く鑑賞を見送っていました。ネット界隈でも賛否両論だったようですし(ネタバレ遭遇するのも本意ではないので詳しくは追っていない)優先順位はずるずると下がっって鑑賞しませんでした。

細田作品はというと、だんだんと失速気味の感が否めなく、特に共同脚本家が不在となってからは、ストーリーの観点ではあまり良い印象はありませんでした。本作については、手放しで素晴らしい!というよりは、共感ポイントが多く、かつ、共感できる層がある程度限られる条件だったと思われるので、単純にこれは良い作品だよっと言いたくなりました。期待値が低過ぎで、思いの外よかった。という状況です。

期待値が低いというよりはズレのようなものですが、それの要因として予告編の作りがミスリードだったのかなと思うところもあります。予告編だけ見ると、主人公のくんちゃんがどこか異世界にいったっきりで、未来の妹と冒険する物語~と思ってしまいますが、実際には丁寧に日常を積み重ねつつ、非日常を折込、しかもそれは自分のルーツを過去から未来までたどる、冒険よりはヒューマンドラマのようなテイストだったのかなと。

タイトルもミスリードだったのかなと思うフシもありましたが、ただセリフやエピソードを踏まえるとそうつけざるを得ない感もありました。ただ、ミライちゃんはあまり出てきません。あくまで主人公はくんちゃん。くんちゃんの成長する物語。

さて、おそらく賛否の「否」がわきおこる要因は、くんちゃんの理不尽なわがままっぷりかと思います。この状況は最後までほとんど変わりません。でも、実際、そんなもんです。3~4歳のしかも赤ちゃん返りも合わさったわがままっぷりは。映画以上にひどい状況なることはしばしばです。ただ、同じようなシチュエーションはなかなかなく、しかも年々と理不尽だった状況は忘れ去ってしまうもので、共感できる層がもともと少ないですし、共感を得る(そういえばそんなことあったなぁ)となる層ももっと薄いと思います。ましてや、真っ最中の方々にとっては、ちょっとつらい演出かもしれません。一方で、そういったシチュエーションに出会わない層(子育てから縁が遠い層)は一つも共感できないと思います。

アニメーションの方はというと細田さんらしいアクションは少なかったですが、細かな設定、特に美術やその背景にある建築だったり素材だったりという部分は、各界の強い人が参画したこともあって、全般的には総合芸術の名に相応しい完成度だったと思います。

ところで、作中のお母さんの実家がどうやら上田らしく、結構リアルな感覚は盛り込まれていたのかなと思うと同時に、自分の家族も似たような構成だったので、これも共感ポイントでした。

映画「アラジン」

レイトショーのありがたみと感じる今日このごろ。

アラジンといえば小学校低学年の時に友達がVHSだかを持っていて鑑賞したのを覚えています。初めてディズニーアニメとのまともな対面だったかなと。その当時はディズニーのことも山ちゃんのことも知りませんでしたし、思えば初代のアラジンの声は羽賀研二だったなぁと記憶してます。

それが昨今の流れに乗って実写化。予告編でも話題になってましたが、ウィル・スミスがまんまウィル・スミスでした。果たして青い必要があったのか、そこそこ疑問ですが、これもアニメの下地があったからなんでしょう。アニメ版がなかったら不可解なところがあったかもしれないです。

一応、山ちゃんやらの声を聞きたかったので吹替版を鑑賞。アラジンもジャスミンも違和感なく、むしろいい感じに中和されて良かったです 。(言い方が微妙ですが、顔が濃い面々だったのでしつこさが軽減された感じ)

ストーリーは若干アレンジされ、やや時代に沿った内容に。アクション系が演出上少しアニメ版よりは省略されて、ラブコメ展開が追加されてました。この雰囲気はどこかで見たことあるなーと思ったら、よくあるシチュエーション・コメディっぽい感じ。早回しの感じもおそらくそんな感じ。

音楽はというとアランメンケン三昧。映画館で大音量で聞けるのは素晴らしいなと。家ではなかなできないので、レイトショーありがたいです。

唯一といっていいか微妙ですが、後半にかけてエンディングに向けた演出スピードの失速感が否めず、せっかく回想方式を採用したのだから、語り部に最終的に帰着するという手もあったかと思うのですが、たぶんその線も作ってたんでしょうけど、大円団という感じには至らず。結構、ディズニーアニメは後半たたみかけて展開が早くなる傾向にあるので、そこに期待値を持っていってしまったなと。

10連休と改元

なかなか経験のないことだったので感想をメモ。

10連休は長すぎた

これは社会人あるある的な問題ですが、休みがあると基本お金がかかります。お出かけしたりレジャーしたり、そのために移動したり、移動した先でご飯食べたり。それが10日も続くわけではないですが。リフレッシュ休暇だと思えばいいのかな。

とりあえず前半は妻の実家に帰省してました。温泉行ったり、しいたけの菌を原木に埋め込んだり、自分の実家へ行ったり。

戻ってきてからは割と近場で遊んでました。

きっといつものGW以上に各地が混み合いそうだったので、凝った計画はたてず。あと家族が体調不良だったり、会社の方ではプチパンデミックだったり。自分もなんとなく体調不良がずっと続いていて、かといって発熱はなく。すっきりしない日が続きました。

自分だけの10連休とかだったらまた違ったのかなぁ。

改元

人生としては2度目の経験。平成に変わった時のうっすらとした記憶では、ものすごく自粛ムードが続いていて、今思えば東日本大震災の時と同じくらい雰囲気が沈滞してたと思います。

それに比べて、なにやら年末年始の雰囲気。そこまで自分の中では盛り上がってなかったのですが、周囲の雰囲気がだんだんと賑やかになってきて、家で過ごすことが多かった自分としてはテレビとか見つつそれなりに楽しめたかなと。

そして37になった

だいぶ折り返した印象。と思ったけど70歳に定年が引き上げとかあるご時世なので人生まだまだこれからなのかも。そうは言うものの、なかなか新しいことを覚えたり挑戦するのは厳しくなりつつあるので、プログラマー35歳限界説とかあながち間違ってないのかもしれないです。

桜。軽井沢は5月が見頃。

車で帰省してみた

前々から試してみたかったので長男が春休みのタイミングで挑戦してみました。

期待していたことと単純なコスト比較を覚え書きで。

  • 期待していたこと
    • 機動力
    • 輸送力
    • 長距離移動

まず機動力。

新幹線・電車で帰省したときの大きな悩みとしては機動力。駅から家まで送迎をしてもらう必要があるし、特にローカル線の時刻表に左右されるので、子連れとしては心苦しいところがありました。

その悩みはとりあえず解消。マイペースで動けるのは利点だし、義理の両親や兄たちに迷惑をかけずに動けるのはストレスなかったです。

次に輸送力。

大きな荷物を持って新幹線移動はなかなか大変で、タクシーを使ったとしてもパッキングはなかなか大変でした。自ずと限界もありましたし。

今回はあまり大きな荷物はなかったのですが、パッキングもきっちりやるほどでもなかったので、これもストレスなかったです。もうちょっと何かお土産を持ち帰れれば甲斐性はあったかもですが。

最後に長距離移動。

これはちょっと思惑が外れました。新幹線移動時はなかなか子どもたちが寝てくれず、暇つぶしがなかなか大変で、親たちは寝れず。といった感じ。

車であれば多少寝てくれるかなとは思ったのですが、一応、寝てはくれたものの、結果的には新幹線よりも長時間乗っているため、起きてる時間も多く、その間にお菓子やら飴やらの消費が多く、子どもたちはかえって疲れてしまった感じもありました。

ということで、次は帰省先でレンタカーしてみたいと思います。やはり車の運転は疲れますし、とはいえ機動力は確保したいですし。一応、車で帰省できることは分かったので、あとは用途次第で再度トライしてみたいなと思います。

一応最後にコスト感。今回は2日+6時間くらいのレンタルでしたが、トータルで超概算ですが3.5万程度(レンタル:2.3万+燃料:0.4万+高速:0.8万)でした。大人2人+子供1人の新幹線の往復代でだいたい同じくらいですが、レンタカーは滞在する時間で変わってくるので、単純比較はできないものの、いずれ子どもがまともに移動費がかかってくる(大人と同じ料金✕2人)と考えると、レンタカーの方が安い時もそう遠からずありそうです。