本「PIXAR <ピクサー> 世界一のアニメーション企業の今まで語られなかったお金の話」

Prime Reading (Amazon Primeの特典)で読めたので、気になる企業であったのでつい手にとりました。

筆者はピクサーのCFO兼社長室メンバーだったローレンス・レビー。ドラマティックなエピソード満載なので印象的だった部分だけピックアップするけれども、本書を読む限りでは、彼が居なかったらトイ・ストーリーが世に出ていなかったかもしれない、とさえ思えた。ピクサーの歴史を語るうえで重要人物の一人であることは間違いない。

とにかく驚異的だったのはスピード感。ローレンス・レビーがジョブズに声をかけられたのが1994年11月。そこから、1995年11月トイ・ストーリー公開とIPOをめがけて、たった1年で、選択と集中、資金調達、ディズニーとの胃の痛くなる交渉など、ある意味、彼らは成し遂げてしまった。そして、結果ディズニー傘下になる2005年まで約10年。企業活動がこんなにもドラマティックなのは、正直羨ましくもあり、エキサイティングすぎて、自分がその立場にいたら相当ストレスだろうなと思った。

今となってはピクサーもディズニーも一緒くたに語れれることが多いものの、この歴史を知ってると、なかなか感慨深いものがある。特に印象的だったのは、エンドロールに制作スタッフ以外の名前や、その間に生まれたスタッフたちの子供の名前( Production Babies )の慣例を作ったこと。ハリウッドではご法度だったそうだが、導入の経緯を知るととても心温まるし、それに加えて、とある事情で、彼(ローレンス・レビー)だけエンドロールに載らなかったことは一層切なくなった。

回顧録としてとても読み応えのある一冊でした。

変わり始めたこと

たぶん38歳になりました。いろいろ衰えを感じる今日このごろですが、なんとか元気になってます。

在宅勤務が本格化していって、変わったことは何かなと思い、まずは定量的に計測できるところから確認したいと思います。

歩数

時々散歩はしているものの、かなりの減少です。以下、fitbitでの計測。

年月1カ月合計歩数
2020年1月259,397
2020年2月265,978
2020年3月160,979
2020年4月103,439

心拍数

ストレス度合いがでるかなと思ったのですが、ここはおしなべて平均値でした。特に変わらず。ストレスの負荷という点では、感覚値ではむしろ上昇しているかなと。以下、fitbitでの計測。

年月1カ月安静時の平均bpm
2020年1月71
2020年2月75
2020年3月 71
2020年4月 70

睡眠

ここもストレスの度合いがでるかなと思ったのですが、あまり大きな変化はなく。平均睡眠時間は若干増えていはいますが、かえって夜ふかしの癖がついてしまったり、fitbitが出してくれる睡眠スコアはあまり変わっていません。月次で集計できなかったので直近の3週と忙しかったであろう1月末の3週との比較です。多少改善しているとはいえ、劇的に改善ではないですね。ちなみにfitbitの睡眠スコアは80以上が良い状態なんだそうです。

年月睡眠スコア平均睡眠時間
2020/1/12~704:36
2020/1/19~674:36
2020/1/26744:50
2020/4/12~ 795:25
2020/4/19~ 765:09
2020/4/26~764:59

労働時間

減るには減ったのですが、みんなで集まる形の会議体は減ってはいるものの、会議時間がむしろ増えてます。仮説ですが、会議室の場所取りの制約がなくなったので、リモート会議が増える傾向になるなと感じています。 togglで計測の集計です。

年月合計時間
(2020年1月=1)
会議時間(h)
(2020年1月=1 )
2020年1月1.001.00
2020年2月0.700.68
2020年3月0.870.67
2020年4月0.770.82

食費

妻に生活費として渡しているのは除きます。単純に自分がそとで食べていたものですね。交際費は除きます。 時々自分が調達する食料品は区別できなかったので含みます。 Zaimによる集計です。

年月食費(2020年1月=1)
2020年1月1.00
2020年2月0.88
2020年3月0.53
2020年4月0.24

単純に考えるとそれだけ個人消費が落ち込んでるということですから、どこかで、同じ分ではなくてもいいんですが、それなりに消費をしていかないといかんなと。ということで、お取り寄せいとか手をだそうかなと思っています。

まとめる段階でもないと思うので、途中経過ということで。上の数値は定期的にチェックしてみます。

本「予測の達人が教える経済指標の読み方」

今の会社の入社当時、経済予測をするチームに配属され、予測の見習い・手伝いをやっていたのですが、その頃の知識のアップデートという位置づけで手にとりました。とはいえ、予測の考え方や手法の本筋はあまり変わらず。

経済全体の関係性を捉えるには良書かなと思いました。金融分野の補強がもうちょっと欲しかったなと思いつつ、まだまだ研究途上なのかもなと思いました。

手元資料的にPlantUMLで関係性をメモ

続きを読む 本「予測の達人が教える経済指標の読み方」

分裂する世界

ダウンロードしたまま放置していたデス・ストランディングをようやくクリアした。良いビジュアルとストーリーと音楽だった。そして、その世界の始まりのような状況が現実世界でおき始めていた。

数ヶ月前には考えられない状況になった。年明け、中国で妙な風邪が流行ってるとニュースで聞き封じ込めに必死だったように思う。まだまだ対岸の火事だった。数年前に流行ったSARSやMARSのように終息することを期待していた。

それがあっという間に海を渡った。その頃、長男がインフルエンザになって肝を冷やしたが、まだ自分ごとにするには実感がなかった。マスクが枯渇し始めた。

そして学期末を目前にして一斉休校。冗長化が効かない世界だということがよく分かった。連鎖するように在宅勤務する人が増えた。 これは結果としてよかったのかもしれない。

この頃、仕事の方は試しにリモートワークで実施できないか根回しをした。上の人たちは乗り気じゃなかったが、個人的には良い機会だと思った。パンデミックになった時にドタバタしないように課題を潰しておきたかった。そしてそれは杞憂に終わらなかった。

在宅勤務にはいくつか功罪があった。良くも悪くも残業が減った。つまり生産性は多少落ちた。無駄な会議は減った用に思う。ただ入れ替わるように、無駄な報告ルーチンが増えた。

家族と過ごす時間が増えた。これは素直に良かった。夜の余暇の時間も増えた。これも良かった。積み本や先のゲームの消化が進んだ。

完全になくなったものがある。朝の通勤電車の中でルーチンっでやっていた英語のドリル。やるタイミングを失い完全に断絶してしまった。

もうちょっと比較できる数値が出揃ったら、健康面や家計面でもチェックしてみたいと思う。

今現在の雰囲気は、GW明けに終息すると楽観する人と、まだまだ続くだろうと人とまちまちだ。自分はどちらかというと後者だ。スペインかぜの時は終息に2年をようしたという。今回はかなり似たような経過をたどるのではないだろうか。

終息後、何もかもがまったく元通りとなるとは思えないのだ。終息するというよりは徐々に日常化していくのではないだろうか。古くは結核やインフルエンザやHIVなどのように。

ワクチンができるか、特効薬ができるか、さっぱり分からない。インフルエンザのように抗体が長く持たないのであれば、毎年のように予防接種が必要になる。BCGが効果があるとされるなら、その線もあるだろう。ワクチンが期待できなければ、HIVのように抗ウイルス薬に期待するしかない。

それまでの間、世界のありようはかなり変わるのかもしれない。今は徐々に世界が分裂している状態だ。それをつなぎなおす時、今までと同じようにはつながらにだろう。きっと新しい世界になる。それは新しい進化のチャンスでもある。

例えばオフィスワークの在宅勤務はもっと当たり前になるだろう。週の何度か集まれば良いとか、働く人と会社との関係も変わるだろう。勤務時間は形骸化して一層成果主義になる可能性すらある。

学校もよりリモートが増えるかもしれない。いわゆるIT化をすすめる大きなチャンスでもある。旧来からあるいくつかの行事はなくなる可能性もある。

リアルな仕事は価値がもっと変わるだろう。そもそも労働者不足の危機にさらされていた。自動化もさることながら、リアルであることの付加価値がより高まる。

デリバリーフードは盛り上がりそうだ。物流は平準化が進み、運び屋の需要が増える。外食産業は 抜本的な終息がない限り、従来のような営業形態は敬遠される。 UberEats などを介して対応していかないと生き残れないかもしれない。

エンターテイメントはあり方がガラッと変わる。近年はライブ回帰であったが、これも抜本的な終息がない限り敬遠される。ここは5Gを目前として様々な手法が提案されている。そのうちのいずれか、あるいは全く別のものが、デファクトになるかもしれない。

経済環境はもともと厳しかったので、景気的にいうと底を付くのはもうちょっと先だろう。歴史にならえば少なくとも2-3年は後退局面だろう。ただ今回のショックが長引けば回復にはもっと時間を要する。

税制あたりは改めて考え直す機運があるかもしれない。具体的にはマイナンバーやベーシックインカムの話は再燃するかもしれない。というのも今現在、政府は現金給付という手段が迅速にとれなかった。直接個人にリーチできる手段がないのだ。これは国が個人を管理することとトレードオフだ。それは日本はかなり拒否反応がある。それはもっともでもある。

ざっくりとした表現をすると、これを機に、コミュニケーションのありようがあらゆるところで変わる。失う形態もあれば、新しい形態もある。新しい形態を自分たちで模索できる機会と思えば、多少、希望があるかもしれない。

本「ウォールストリート・ジャーナル式 経済指標 読み方のルール」

読んだよっという記録。会社の同僚に勧められて読んだのですが、半分以上は知らない話だったので面白かったです。

1/3くらいは知っている指標だったり理解できる内容だったので、過去の仕事も一応身になっていたのかなと。

米国目線だったり(例えば労働力の流動性が高いので失業率などが景気と直結しやすかったり)、少し古い内容だったので LIBORがあったり、若干肌感覚に合わない部分もありますが、これの現代版や日本版があったら良いなと思いました。ということで、衝動買い的に別の本をポチり。まだ読んでませんが。

思えばこういう風が吹けば桶屋が儲かる的な構造は、結構時代によって変わるもので、自分が小学校時代は公定歩合が1つの重要指標でしたが、今はまったく見る影もありませんし、LIBOR然り、常にアップデートしていく必要がありそうだなと痛感しました。

また、こういった法則性は常日頃観察しているから見つけられるもので、今現在はそういう立場の仕事をしていないため、少し懐かしくもあり、もうちょっと定点観測することもした方が良さそうだなと思った次第です。それをやるとアンテナを広げづらくなったりもするので、心構え程度ということで。