変わりつつあること

気がついたら11月。例年どおりの年末年始にはならなそうですが、5月にチェックしたことをアップデート。

歩数

夏は完全引きこもりでしたが、少し出社回数を増やしました。TDLや映画を観に行く機会も増えてきたのでその影響もあり。とはいえ、昨年比だと半分以下の水準。fitbitでの計測。

年月1カ月合計歩数
2020年5月119,452
2020年6月90,931
2020年7月142,056
2020年8月139,789
2020年9月121,664
2020年10月168,432

心拍数

こちらはあまり変わらず。リングフィットアドベンチャーが買えたので夏はそれなりに運動したのですが、寒くなってきたところで最近は滞ってます。fitbitでの計測。

年月 1カ月安静時の平均bpm
2020年5月 75
2020年6月73
2020年7月72
2020年8月71
2020年9月73
2020年10月 72

睡眠

とりあえず遡れるだ遡ってみます。6月は大型のリリースがあったので深夜勤務などがあってごちゃごちゃ。9-10月はいろいろ事務手続き系のピークが重なってストレスフルだったもので、感覚的には違和感なし。通常夏休みと同じように8月頃は仕事が落ち着きストレスフリーでよく寝れたという感じ。睡眠スコアは日次では80超えることもあったので改善方向にはあるのかなと思いつつ、睡眠時間に比例しないことが読み取れるので、効率が良い睡眠がとれるように、今後模索していこうかなと思います。

年月睡眠スコア平均睡眠時間
2020/5/3~705:11
2020/5/10~795:16
2020/5/17~734:48
2020/5/24~754:42
2020/5/31~754:53
2020/6/7~714:37
2020/6/14~734:48
2020/6/21~714:42
2020/6/28~693:44
2020/7/5~745:19
2020/7/12~774:45
2020/7/19~754:59
2020/7/26~754:36
2020/8/2~776:34
2020/8/9~749:03
2020/8/16~ 7710:42
2020/8/23~749:24
2020/8/30~718:26
2020/9/6~744:41
2020/9/13~704:26
2020/9/20~765:44
2020/9/27~704:17
2020/10/4~794:52
2020/10/11~724:45
2020/10/18~785:10
2020/10/25~735:34

労働時間

水準は昨年より下回るものの、 9-10月の事務手続き系のピークの時は戻りつつありました。その時の働き方としては、定時頃に一旦終了→夕食→お風呂→寝かしつけ→起きてリングリット→シャワー→業務再開。というルーティンでした。10月頃から出社数を増やしたので、それは崩れましたが、在宅の時はそのルーティンが良さそうです。

会議時の時間は余力をもたせるために、一定の時間帯は予定を入れてブロック(例えばお昼時間とか)。その甲斐あってか多少減ったものの、会議が集中してしまう日はどうしても出たり、新規案件や根回し系など必要な場合は仕方ないので、これ以上の削減は厳しそうです。

出社回数は徐々に増加。11月からは稼働日の半分程度は出社するようにしています。この辺もいろいろなバランスを見ながら調整かなと思っています。

年月 合計時間
(2020年1月=1)
会議時間
(2020年1月=1 )
出社回数
2020年5月0.660.751
2020年6月0.840.861
2020年7月0.780.812
2020年8月0.570.672
2020年9月0.950.854
2020年10月0.890.674

食費

生活費として渡している部分は除きます。たぶん、トータルとしてはトントンなんでしょうけど。出社が増えるとやはりお昼は外食orお弁当だったり、ついついコーヒー買ったりで増えてきます。あとは在宅していても、気晴らしがコンビニやスーパーでの衝動買いだったりするので(ついつい変わり種のものを買ってきてしまったり)それはあまりよくない傾向かも。

年月食費(2020年1月=1)
2020年5月0.45
2020年6月0.29
2020年7月0.67
2020年8月0.76
2020年9月0.82
2020年10月0.90

定性的なところでは、もうちょっと日報とか日記を書くようにしました。吐露する場的なものが欲しかったりもしますし。TDL詣が多少復活したりとか、家の設備投資とかはまた年間の振り返りの中で書こうかなと思います。

映画・本「水曜日が消えた」

これも随分前に、観たよ・読んだよという記録。

妻の薦めで、映画→本の順で。ジャンル的にも演出的にも、空気感も好きな方で、かつ新鮮味のある色合いだったかなと。そこまで奇をてらっているわけでもないけれど、コントラストと彩度の調整は好きな方でした。MV畑の監督ということもあって、きっとこだわりがあったんだろうと思われ。

映画の方がベースになって、本の方はそのノベライズということで、ちょうどよい補完関係ではなかったかなと思いました。例えば映像で見て、演出から汲み取れる意味を、ある意味答え合わせするような、映画では表現しきれない時間軸の話を本の方で挟み込むとか、特にエピローグとか。これは他の映画でも同様ですが、映画の原作が先にある方が、互いに世界観を壊すことがないので、その方が幸せな関係かもしれないなと。

ストーリーの方は多重人格という設定を活かしつつ、モンタージュを断片的にすることで、抜け落ちた部分を補完するような、パズルを組み立てるような、半分ミステリーのようなテイストでしたが、終わってみれば程よいファンタジーものだったなーと。なぜだか分かりませんが、不意にサトラレを見たくなりました。たぶん、近い雰囲気・印象なのかもしれません。

本「事を成すには、狂であれ ─ 野村證券創業者 野村徳七その生涯」

読んだよ。という記録で。とあるきっかけで感化されただけですが。

野村證券やりそな銀行の前進というか源流の話。現、野村證券の再興はそれはそれで面白そうだけど、仕事に活かせるかはともかく、その前の歴史モノとして面白かったです。

野村徳七についてですが、破天荒な相場師な感は否めないけども、気になるところとしては、「調査部」に重きを置いたこと。今となってはアナリストがいるのは当たり前で、金融というビジネスの世界でもアカデミックの世界でも隆盛したわけだけども、両替商の家業からその先見性を見出した・見い出せたのが何故なのかが気になりました。特に大学に行っていたわけでもなく、留学していたわけでもなく。後に外遊した際に、海外の最先端の事情を目の当たりにしつつも、「自分の考えは間違っていなかった」と答え合わせをしているような感じが不思議でした。

先の大戦後で野村財閥は一旦終焉を迎えるのですが、野村徳七の怒涛の人生を通して、日本の金融の歴史が垣間見え、まるで大河ドラマを見ているような読了感でした。

本「PIXAR <ピクサー> 世界一のアニメーション企業の今まで語られなかったお金の話」

Prime Reading (Amazon Primeの特典)で読めたので、気になる企業であったのでつい手にとりました。

筆者はピクサーのCFO兼社長室メンバーだったローレンス・レビー。ドラマティックなエピソード満載なので印象的だった部分だけピックアップするけれども、本書を読む限りでは、彼が居なかったらトイ・ストーリーが世に出ていなかったかもしれない、とさえ思えた。ピクサーの歴史を語るうえで重要人物の一人であることは間違いない。

とにかく驚異的だったのはスピード感。ローレンス・レビーがジョブズに声をかけられたのが1994年11月。そこから、1995年11月トイ・ストーリー公開とIPOをめがけて、たった1年で、選択と集中、資金調達、ディズニーとの胃の痛くなる交渉など、ある意味、彼らは成し遂げてしまった。そして、結果ディズニー傘下になる2005年まで約10年。企業活動がこんなにもドラマティックなのは、正直羨ましくもあり、エキサイティングすぎて、自分がその立場にいたら相当ストレスだろうなと思った。

今となってはピクサーもディズニーも一緒くたに語れれることが多いものの、この歴史を知ってると、なかなか感慨深いものがある。特に印象的だったのは、エンドロールに制作スタッフ以外の名前や、その間に生まれたスタッフたちの子供の名前( Production Babies )の慣例を作ったこと。ハリウッドではご法度だったそうだが、導入の経緯を知るととても心温まるし、それに加えて、とある事情で、彼(ローレンス・レビー)だけエンドロールに載らなかったことは一層切なくなった。

回顧録としてとても読み応えのある一冊でした。

変わり始めたこと

たぶん38歳になりました。いろいろ衰えを感じる今日このごろですが、なんとか元気になってます。

在宅勤務が本格化していって、変わったことは何かなと思い、まずは定量的に計測できるところから確認したいと思います。

歩数

時々散歩はしているものの、かなりの減少です。以下、fitbitでの計測。

年月1カ月合計歩数
2020年1月259,397
2020年2月265,978
2020年3月160,979
2020年4月103,439

心拍数

ストレス度合いがでるかなと思ったのですが、ここはおしなべて平均値でした。特に変わらず。ストレスの負荷という点では、感覚値ではむしろ上昇しているかなと。以下、fitbitでの計測。

年月1カ月安静時の平均bpm
2020年1月71
2020年2月75
2020年3月 71
2020年4月 70

睡眠

ここもストレスの度合いがでるかなと思ったのですが、あまり大きな変化はなく。平均睡眠時間は若干増えていはいますが、かえって夜ふかしの癖がついてしまったり、fitbitが出してくれる睡眠スコアはあまり変わっていません。月次で集計できなかったので直近の3週と忙しかったであろう1月末の3週との比較です。多少改善しているとはいえ、劇的に改善ではないですね。ちなみにfitbitの睡眠スコアは80以上が良い状態なんだそうです。

年月睡眠スコア平均睡眠時間
2020/1/12~704:36
2020/1/19~674:36
2020/1/26744:50
2020/4/12~ 795:25
2020/4/19~ 765:09
2020/4/26~764:59

労働時間

減るには減ったのですが、みんなで集まる形の会議体は減ってはいるものの、会議時間がむしろ増えてます。仮説ですが、会議室の場所取りの制約がなくなったので、リモート会議が増える傾向になるなと感じています。 togglで計測の集計です。

年月合計時間
(2020年1月=1)
会議時間
(2020年1月=1 )
2020年1月1.001.00
2020年2月0.700.68
2020年3月0.870.67
2020年4月0.770.82

食費

妻に生活費として渡しているのは除きます。単純に自分がそとで食べていたものですね。交際費は除きます。 時々自分が調達する食料品は区別できなかったので含みます。 Zaimによる集計です。

年月食費(2020年1月=1)
2020年1月1.00
2020年2月0.88
2020年3月0.53
2020年4月0.24

単純に考えるとそれだけ個人消費が落ち込んでるということですから、どこかで、同じ分ではなくてもいいんですが、それなりに消費をしていかないといかんなと。ということで、お取り寄せいとか手をだそうかなと思っています。

まとめる段階でもないと思うので、途中経過ということで。上の数値は定期的にチェックしてみます。