映画「トイ・ストーリー4」

おそらくこの夏一番の映画でした。ただただ感動でした。これまでの積み重ねがあったが故の感動でもあったので単純には比較できませんが。これまではアンディとおもちゃたちの話でしたが、今回は「トイ・ストーリー」のその先の話であったなと思います。

特に大人視点だとおもちゃへの贖罪のようなストーリーだったかなと。というのも、ちょっとしたおもちゃ(特におまけだとか安めのものとか)は折を見てはサクサク捨ててしまうわけで。しかしながら、その後で彼ら(おもちゃ)がきっと自由になっていることを思うと少しほっとするというか救われるわけです。

鑑賞前は賛否両論ありましたが、ウッディの選択は責められるものではないし、むしろ、いつかどこかでアンディやその子どもたちと邂逅する瞬間があったりとか、想像の余地が無限に広がる終わり方だったなと思います。

たぶんもう続編はないと思いますが、いつかこの感動を子どもたちにも感じて欲しいなと思う映画でした。

映画「天気の子」

率直な感想としては新海さんが戻ってきた!みたいな感覚でした。どのへんまで戻ってきたかというと「ほしのこえ」や「雲のむこう、約束の場所」あたりまで。エッセンスはずっと残しつつ、ずっと試行錯誤していたような感覚で、ようやく元のの場所に戻ってきた。(元の場所のつもりはないんでしょうけど)

あとは何も言うことなしです。セカイ系とかいわれるけれるど(歴史的にはポスト・エヴァ系といった方が解釈しやすいと思いますが)新たな文化の系譜を着実に切り拓いていっているなと思うわけです。きっと新海系とかいずれ言われるわけです。

新海さんらしいアニメーションのエッセンスを時々考えるのですが、というのも背景がリアルだとかよく評されるのですが、そこにはやや違和感があって、別に他のアニメでも同じくらいの描写レベルのものはあると思います。違いはやはり、切り取り方とアニメーション。

切り取り方はシーンの選択もありますが、もう一つは被写体深度。いわゆるボケ感です。アニメでボケ感を出す手法は昔からありましたが、多用はされませんでした。それが、新海さんのアニメではいわゆる短焦点レンズで切り取ったクローズアップの場面を多用します。この辺は岩井俊二の映画の影響が強いと思いますが、それをアニメーションでやったのが新しかったなと。そこから「君の名は」ではホコリのボケを加えたり、実写にあるエッセンスをうまく取り込んでいるなと思いました。

もう一つはロングショットのカメラワーク。今となってはドローンがあるため一昔では考えられなかったカメラワークを実写で実現してますが、アニメーションでそれをやったと(やってたというのが正しいか)。これも昔から手法はあったにせよ、省エネのセルアニメの時代の手法では背景をアニメーションさせることを嫌う傾向にありました。その時代からCGの時代になって、背景も視点もカメラもぐりぐり動くというのが新しかったなと。天気の子ではドローンを意識したカメラワークもあって実験的だなと思いました。

さて、一点だけ違和感があり、その一点によって少し評価が難しくなったところがあります。それは前作のキャラクターの登場。ただそれは人によっては歓迎する人もいるっでしょうし、パロディということでよく使われる手法でもあります。古参やシリーズファンへのファンサービスでもあったりしますし。ただ、今回はかなりガッツリした形っで主人公たちに絡む部分があって、いわば2つの世界が交わってしまった分けです。それが否というよりは、混乱してしまったというのが正しいです。ちらっとちょっとしたところで出てくる分には構わないのですが、ストーリーとしての絡みがあると、かたや前作のストーリーを知っているわけですから、そのストーリーとの整合性をとろうとしてしまうところがあります。前作のストーリーも前提で展開を予想してしまう、といったところ。唯一そこだけでした。(野暮ですが、前作のキャラクターたちも、本作のエンディング後の世界に同時に生きているのだなと思うと、なんとももんやりした気分になる)

あとやや余談でっすが、エンドロールでは京アニの事件のことをふと考えてしまうことがあり胸が締め付けられました。そんなこともあってやや涙。

映画「未来のミライ」

テレビで見たわけですが、もっと早く見ていればよかったなぁという作品でした。

公開当時、あまり周囲の評価が芳しく無く鑑賞を見送っていました。ネット界隈でも賛否両論だったようですし(ネタバレ遭遇するのも本意ではないので詳しくは追っていない)優先順位はずるずると下がっって鑑賞しませんでした。

細田作品はというと、だんだんと失速気味の感が否めなく、特に共同脚本家が不在となってからは、ストーリーの観点ではあまり良い印象はありませんでした。本作については、手放しで素晴らしい!というよりは、共感ポイントが多く、かつ、共感できる層がある程度限られる条件だったと思われるので、単純にこれは良い作品だよっと言いたくなりました。期待値が低過ぎで、思いの外よかった。という状況です。

期待値が低いというよりはズレのようなものですが、それの要因として予告編の作りがミスリードだったのかなと思うところもあります。予告編だけ見ると、主人公のくんちゃんがどこか異世界にいったっきりで、未来の妹と冒険する物語~と思ってしまいますが、実際には丁寧に日常を積み重ねつつ、非日常を折込、しかもそれは自分のルーツを過去から未来までたどる、冒険よりはヒューマンドラマのようなテイストだったのかなと。

タイトルもミスリードだったのかなと思うフシもありましたが、ただセリフやエピソードを踏まえるとそうつけざるを得ない感もありました。ただ、ミライちゃんはあまり出てきません。あくまで主人公はくんちゃん。くんちゃんの成長する物語。

さて、おそらく賛否の「否」がわきおこる要因は、くんちゃんの理不尽なわがままっぷりかと思います。この状況は最後までほとんど変わりません。でも、実際、そんなもんです。3~4歳のしかも赤ちゃん返りも合わさったわがままっぷりは。映画以上にひどい状況なることはしばしばです。ただ、同じようなシチュエーションはなかなかなく、しかも年々と理不尽だった状況は忘れ去ってしまうもので、共感できる層がもともと少ないですし、共感を得る(そういえばそんなことあったなぁ)となる層ももっと薄いと思います。ましてや、真っ最中の方々にとっては、ちょっとつらい演出かもしれません。一方で、そういったシチュエーションに出会わない層(子育てから縁が遠い層)は一つも共感できないと思います。

アニメーションの方はというと細田さんらしいアクションは少なかったですが、細かな設定、特に美術やその背景にある建築だったり素材だったりという部分は、各界の強い人が参画したこともあって、全般的には総合芸術の名に相応しい完成度だったと思います。

ところで、作中のお母さんの実家がどうやら上田らしく、結構リアルな感覚は盛り込まれていたのかなと思うと同時に、自分の家族も似たような構成だったので、これも共感ポイントでした。

映画「アラジン」

レイトショーのありがたみと感じる今日このごろ。

アラジンといえば小学校低学年の時に友達がVHSだかを持っていて鑑賞したのを覚えています。初めてディズニーアニメとのまともな対面だったかなと。その当時はディズニーのことも山ちゃんのことも知りませんでしたし、思えば初代のアラジンの声は羽賀研二だったなぁと記憶してます。

それが昨今の流れに乗って実写化。予告編でも話題になってましたが、ウィル・スミスがまんまウィル・スミスでした。果たして青い必要があったのか、そこそこ疑問ですが、これもアニメの下地があったからなんでしょう。アニメ版がなかったら不可解なところがあったかもしれないです。

一応、山ちゃんやらの声を聞きたかったので吹替版を鑑賞。アラジンもジャスミンも違和感なく、むしろいい感じに中和されて良かったです 。(言い方が微妙ですが、顔が濃い面々だったのでしつこさが軽減された感じ)

ストーリーは若干アレンジされ、やや時代に沿った内容に。アクション系が演出上少しアニメ版よりは省略されて、ラブコメ展開が追加されてました。この雰囲気はどこかで見たことあるなーと思ったら、よくあるシチュエーション・コメディっぽい感じ。早回しの感じもおそらくそんな感じ。

音楽はというとアランメンケン三昧。映画館で大音量で聞けるのは素晴らしいなと。家ではなかなできないので、レイトショーありがたいです。

唯一といっていいか微妙ですが、後半にかけてエンディングに向けた演出スピードの失速感が否めず、せっかく回想方式を採用したのだから、語り部に最終的に帰着するという手もあったかと思うのですが、たぶんその線も作ってたんでしょうけど、大円団という感じには至らず。結構、ディズニーアニメは後半たたみかけて展開が早くなる傾向にあるので、そこに期待値を持っていってしまったなと。

映画「ペンギン・ハイウェイ」

これは良い映画でした。できることなら子どもの頃みたかったです。きっと影響を受けて同じようなノートとペンを買いたがっただろうし、似たような言動を繰り返したんじゃないかと思います。

さて、妻に許しを得てレイトショーへ駆け込み。近所の映画館はどこも上映回数が減っていて、しかも週末はすぐに満席になってしまっていました。周囲の評価も高かったのも頷けます。

よく言うジュブナイルものではあるものの、自分より若い世代の監督達ということもあるせいか、ところどころ新鮮な演出もあれば、オマージュを感じる演出もあり、新海さんの次の世代の感覚はきっとこの辺りなのかなと思った次第です。

簡単にいうととにかく動く。ちゅうちょなく動く。

あと台風のノルダの時も思いましたが、気候の変動が抜群にうまったです。

 

ストーリーのまとめかたはたぶん大人は涙するんじゃないかなと。少なくとも自分は。それに追い打ちかけたのはエンディング曲で(まるでノーマークだったので)、ヒッキーの歌声で、感情が結構もっていかれそうになりました。

妻に咎められたので、原作はこれから読もうと思います。

 

父と子との対話

余談。

主人公のお父さんはヘルパーの役割でしたが、そのやり取りを見ていくうちに、自分もそうだったのか、そうありたかったのかよく分かりませんが自分の小さい頃を思い出してしまいました。

私の父はあまり口数が多くなかったですが、色んなことを教わったような気がします。気がするだけで、具体的に何か言葉が残っているかと言われるとさっぱりなのですが。

ふと思い出すのは、ちょうと自分が今の息子くらいの時、年に一度、父と二人で離れた都市まで映画を見に行っていました。たぶん寅さんとかそういう邦画でした。おそらく正月休みで初詣がてらだったと思います。となりの市ではなく、少し離れた市へ電車で1時間ほど。移動中何をして何を話していたかよく覚えていません。映画を観て、たしか蕎麦を食べて。そして帰ってくる。甘い物は食べさせてもらえなかった気がします。

父が亡くなったあと母から聞いた話では、兄弟が多いので、父と子の二人の時間を敢えて設けていたということでした。

主人公とその父が喫茶店でお茶をしている様子を見て、ふとそんなことをじんわりと思い出しました。