車で帰省してみた

前々から試してみたかったので長男が春休みのタイミングで挑戦してみました。

期待していたことと単純なコスト比較を覚え書きで。

  • 期待していたこと
    • 機動力
    • 輸送力
    • 長距離移動

まず機動力。

新幹線・電車で帰省したときの大きな悩みとしては機動力。駅から家まで送迎をしてもらう必要があるし、特にローカル線の時刻表に左右されるので、子連れとしては心苦しいところがありました。

その悩みはとりあえず解消。マイペースで動けるのは利点だし、義理の両親や兄たちに迷惑をかけずに動けるのはストレスなかったです。

次に輸送力。

大きな荷物を持って新幹線移動はなかなか大変で、タクシーを使ったとしてもパッキングはなかなか大変でした。自ずと限界もありましたし。

今回はあまり大きな荷物はなかったのですが、パッキングもきっちりやるほどでもなかったので、これもストレスなかったです。もうちょっと何かお土産を持ち帰れれば甲斐性はあったかもですが。

最後に長距離移動。

これはちょっと思惑が外れました。新幹線移動時はなかなか子どもたちが寝てくれず、暇つぶしがなかなか大変で、親たちは寝れず。といった感じ。

車であれば多少寝てくれるかなとは思ったのですが、一応、寝てはくれたものの、結果的には新幹線よりも長時間乗っているため、起きてる時間も多く、その間にお菓子やら飴やらの消費が多く、子どもたちはかえって疲れてしまった感じもありました。

ということで、次は帰省先でレンタカーしてみたいと思います。やはり車の運転は疲れますし、とはいえ機動力は確保したいですし。一応、車で帰省できることは分かったので、あとは用途次第で再度トライしてみたいなと思います。

一応最後にコスト感。今回は2日+6時間くらいのレンタルでしたが、トータルで超概算ですが3.5万程度(レンタル:2.3万+燃料:0.4万+高速:0.8万)でした。大人2人+子供1人の新幹線の往復代でだいたい同じくらいですが、レンタカーは滞在する時間で変わってくるので、単純比較はできないものの、いずれ子どもがまともに移動費がかかってくる(大人と同じ料金✕2人)と考えると、レンタカーの方が安い時もそう遠からずありそうです。

新たな門出

姪っ子たちの高校受験が一段落したのでお祝いを持って3連休にちょっと帰省。甥っ子も中学生になる。学生時代はあっという間だから何事も全力で、と伝えておいた。年寄り臭くなったものだ。

人生ままならないことの方が多いけど、めげずにやっていって欲しい。