1月のネタ帳から

卒業制作で忙しかったんだよ。
■つられるスピード
前を歩いている人が、自分のペースより速かったら、つられる事はないのだけれども。
微妙に(自分より)ちょっと速いスピードだと、なんかつられてしまった。
車の教習でやった、流れに乗るって感覚。
■爆発しちゃえばいいんだ
度々、収束してしまうストーリーやらなにやらがあるんだけれども。
爆発しちゃえばいいんだ。
つまり、何がいいたいかっていうと、コツコツやった裏づけなんてどうでもよくなったりする。
■ただただ良いと思う事と感じる事
今回の卒業制作は本当に奇妙なアイデアでした。
その理由が如実に分かるのが、人に話した時の反応が半々なんですよ。
「だから?」と「あぁ、なんかいいね」のどちらか。どちらも分かる。
危うさも良さもあることは知っているけれど、結局、今もうまく表現できない。
かっこいいわけでも、面白いわけでも、インテリなわけでもない。
ただ良いと思うだけ。良いってなんだ?
食べ物で言えば、甘いわけでも、辛いわけでもない。
うまいんですよ。アミノ酸みたいな味。
■鏡を押して走る
等身大の鏡を持って走ってみてください。私は腰が砕けました。
通常の認知に意図的にエラーを与えると、ものすごい事になります。
■真逆様
まっさかさま

2 thoughts on “1月のネタ帳から”

  1. 「鏡走り」をワークショップみたいな感じで形にできないかなぁ。
    ちょっと危ないけど。

コメントは停止中です。