小林賢太郎プロデュース公演「レンズ」

そろそろラーメンズの公演があるかなぁとおもってHPを見てたら
片桐さんがいないので(いないことをいいことに)連続でプロデュース公演です。
「百色眼鏡」の続編なのかなぁと思ってわくわくして鑑賞。
続編ではなく、「百色眼鏡」の前のエピソードでした。
詳細は割愛。
それにしても舞台はやっぱりアウラが独特です。
要するにアドリブとかハプニングがあって、それが許容されてしまう雰囲気が好きです。
とれないはずの手錠が取れたり、台詞がふっとんだり。


やばかったなぁ。小林さんのカリアゲ。
1年ぶりくらいに久々に友人に会いました。
嬉しかったのに、素直にそれをうまく表現できない自分。
まぁ、そういうことです。

2 thoughts on “小林賢太郎プロデュース公演「レンズ」”

  1. カリアゲも萌えましたが、
    大森さんと小林さんの絡みにも萌えました。
    ずるいと思いました。

コメントは停止中です。