映画「かぐや姫の物語」

「風立ちぬ」がジブリの伝統芸能であるならば、「かぐや姫の物語」は日本人が後世に伝えるべき文化財(文化遺産)のようなものだろうと思いました。
大げさかもしれませんが、それが率直な感想です。
ストーリーは特に奇をてらったものではなくて、ごくごく原作通りに進みます。ネタバレとかそういうものでもなく、なんとなく高級な日本昔話といいますか、細やかな脚色(演出と言っていいかもしれませんが)が所々ある程度で、淡々と進めていく感じがしました。ポイントとしては脇役の女の童がいい味を出していて、最後も粋な演出がありました。このキャラがいたおかげでだいぶエンターテイメント性が保たれていたような気もします。
冒頭の10分くらいに感情移入する部分はあるのですが、隣のおばちゃんが既にボロ泣きだったため、若干引いいてしまい、感情移入しきれなかった感は否めないです。そこでしっかり乗っておけばラストでも泣けたのかなぁと思います。なので冒頭10分が大事です。
音楽はジブリでお馴染みですが髙畑監督は初タッグとなる久石譲で、これまたもののけ姫以来となる和の久石節を聞けただけで、個人的にはとても満足でした。特にクライマックスの月からのお迎えがくるシーンの曲はそこだけ繰り返ししばらく聞いていたい音楽でした。このためだけにサントラを買いたいくらい。ちなみに、月からのお迎えのシーンは阿弥陀如来の来迎のシーンそのもので、来迎とは(何で読んだかは忘れてしまいましたが)「阿弥陀如来がいわばオーケストラを編成し極楽浄土からお迎えにやってきて、当時の人にとっては一大エンターテイメントだった」訳ですから、音楽といい演出いいとてもガッテンいきました。
随所に出てくる童歌は(髙畑監督作曲だそうですが)頭に残りやすく、これはこれで好いです。
そして、なんといっても作画とアニメーションがこの映画の主な見どころで、一見、何気ない画風に見えるかも知れませんが、この作画の過程を想像しただけでも鼻血が出そうなほど気が遠くなります。そりゃ製作期間が7~8年もかかるってものです。では日本の独自の技術かと言われると、そうでもなくで、どちらかというと世界的に見て伝統的なアニメーションの手法とも言えると思います。アート系アニメーション(ざっくりいうとアカデミー賞短編アニメーションに出てくる感じのもの)を言われるものは1枚1枚画を描いていくものですから、今後はそちらの系譜に位置づけられるような印象でした。
今後の映像やアニメーションの授業などで教材として用いられることもあるんじゃないかと思う作品でした。
いずれ子どもにも見せておきたい映画です。

うさぎスマッシュ展

気づいたら12月。よろしくないですね。
テレビで立て続けに特集(情熱大陸ですけど)をやっていたのでちょっと気になったので行ってきました。
しばらくこういった世界に触れていなかったので。
率直な感想としては政治的・社会的主張が昔よりも強くなっている傾向があるのかなと思いました。昔から、特に海外ではあるにはあったのですけど、日本で強い主張のものはあまり見なかった気がします。
震災以降はどうにもそういう傾向なのかなと。
単純に面白かったのは以下の通り。
・迷宮の庭(レアンドロ・エルリッヒ)
窓を覗くと隣の窓の風景が見えます。
機構が単純だったけどほどよい温度感。
・No Numbers(リチャード・ウィルソン)
鏡(実際にはオイル)を敷き詰めた部屋の真ん中に立つことで不思議な浮遊感。これも機構は単純だけどスケール感に圧倒されました。
・モノバケーション(ブラク・アリカン)
各地の観光PRビデオをランダムにつなげた作品。不思議と違和感なし。観光地に求めているものは普遍的だよねってことを分かりやすく見せてくれます。これくらい軽い主張というか気付きを提供してくれる方がちょうど良いです。
アートは社会との関わりを持つと反体制にポジションをとってしまうことがあり、穿った見方をすると、別の反体制の勢力にいいように使われてしまう感がしてしまうのが残念なところです。
社会人になってからどちらかというと体制側の方に所属しているせいかもしれませんけど。
まぁほどほどに距離を保ちたいな、と。
余談ですが、老夫婦が「うさぎの展示がなにかなの?」と突っ込んでいたのが印象的でした。タイトルだけ聞くと確かになにがなんだか分からないですしね。

映画「風立ちぬ」

前評判通り「いい映画」でした。とはいえ賛否両論が分かれるかもしれないなぁというのも正直な印象です。そして不覚にも涙してしまったのも事実です。強いてジャンルに分けるとヒューマンドラマで、ハリウッドでリメイクするならトムハンクスあたりかなぁというイメージです。そんな空気感。

アニメーションはコクリコ坂から引き続いたジブリ感がただよっていました。リアルさよりも動きはすごく丸く(シャープではない)、色のトーンは濃すぎず、いい昭和の匂いを演出していたと思います。際の戦前の昭和を知らないわけですが、小説や伝記、祖父母から聞いていた話でイメージする昭和がそこにあったという感じです。
音楽の方は「紅の豚」再びといったところでしょうか。後でパンフレットに書かれて気づいたのですが、モノラルだったせいか実はあまり音楽の印象が薄いのです。その代わりセリフや効果音が聴きやすく印象に残っています。で、声優については特に評価が分かれるところなのですが、個人的には若手の俳優を起用しても良かったんじゃないかなぁと思います。庵野さんって知らなら良かったかもしれませんが、どう聞いても庵野さんな訳で。それを抜きにしても声に若さが出ていないんですね。西島さんはハマったと思いますけど、肉体的な若さは声に出てくるものですから、若手の俳優でもよかったと思います。前例として、蟲師のギンコの声なんかがあると思います。
さて、音楽でもう1つ注目なのがテーマソング。エンディングにかけて流れるわけですけど、これがまた涙腺をぐりぐりと緩めるわけです。涙した理由の半分はこれなんじゃないかなと思います。
ストーリーについてはイデオロギーが絡むと面倒な題材でもあるのであまり深く分析するには向かないと思います。実在の人の半生があり、架空の恋愛ドラマが折り重なっているわけですから、完全なオリジナルとは言えないわけですし、要素だけみればどこかで何度も使われているようなプロットでもあると思います。
戦前の日本は遠いようで、私にとっては実は祖父母が生きた時代でもあり、実はそこまで遠くなく、遠くても地続きだったのだのだなぁとつくづく思いました。震災と不況になぞらえて、今現在の日本の状況との呼応している部分があると言う見方もありますが、だからといって戦争がすぐ始まるわけではないでしょうが、それはそれとして、歴史の教科書にはない人独りの人生を知っておくのも大事なことだなぁと改めて思います。
ミクロな視点では、夢と仕事とのバランスと時代や病といった抗うことができない運命との向き合い方を考えさせられました。映画では「10年」がキーワードですけど、その10年がいままでのどの10年だったのか、これからなのか、進行形なのか、よく分かりません。そういえばとある研究室でも10年単位で仕事することがキーワードだったと思います。分かってはいるものの、実際に行動できるかどうか。それも自分次第なのですけども。
この映画に登場人物たちのように、一日一日、精一杯に、それでも淡々と生きていく姿が眩しかったです。

ディズニー2回目


当分行かないだろうなぁと思っていましたが、妻の誕生日祝いということもあり、やっぱりちょっとクリスマスのディズニーは久々に見ておきたいということで行って来ました。息子にとっては2回目。
強風のためパレードはことごとく中止となってしまい、今回はショー中心で回りました。
中で良かったのがワンマンズドリーム2。親2人はわきゃわきゃしていましたが、息子は終始無表情。音が大きくてうるさかったしね。個人的には小さい頃にこういうショーに触れることがなかったので、(このショーに限らず)いろいろ触れてみて刺激を受けて欲しいなぁと思いました。
さて、やはり冬のディズニーは陽が落ちるとかなり寒く、なかなか長居ができないものだなぁと改めて思いました。

ディズニーランドデビュー


2の10乗の日。結婚記念日ということで行ってきました。
息子のディズニーランドデビュー。
乳幼児連れのディズニーというのは初体験だったのですけども、いろいろ制約を感じたり、ベビーセンターなる施設の存在を知ったり。ちなみにベビーセンターは授乳室やおむつ交換台の他に離乳食や飲み物も売っていたりしていました。
ジュビレーションが終わってしまうこともあり、パレードを中心に巡りました。といってもアトラクションは結局ウエスタンリバー鉄道だけ。
本人はいつもの雰囲気と違うことは分かってたみたいですが、ベビーカーで移動中は一人で手を振ってパレード状態で周囲に愛想を振りまいてました。ジュビレーションやハロウィンパレードはぼけーっとした表情で見ていました。
昼間は日差しが暑いくらいでちょうど良い陽気だったのですが夕方以降は海の風が強く冷たくなってきまして、かなり寒かったです。子連れの場合は冬は避けた方が良さそうです。
あんまり慣れすぎて詳しすぎる男子になってもかわいげが無いというか、周りの女子たちに引かれそうな気もするので、頻繁にはなかなか行かないだろうなぁと思いました。