春の運動会

運動会といえば秋の開催が定番かと思っていたのですが、都会の方では春開催が多いらしいです。一説には中学受験を考慮しているとのことですが、真意はよく分かりません。秋冬はイベントが多い傾向にもあるので、バランスを取っているのかもしれません。

さて、長男は小学校に入学して1カ月ちょっとですが、運動会への本格的な準備は5月から始めたそうです。出し物のダンスは2週間程度で覚えたとか。学校教育の凄さを目の当たりにしました。

長男の出番としては以下の通り。

  • ダンス
  • かけっこ
  • 玉入れ+ダンス

自分に似て足が遅いためかけっこはビリでリレーにも当然選ばれず。自分のことを言うと高学年になるまで運動はまるで駄目で、筋肉が付き始めてから足が早くなったり、それこそリレーに選ばれたりと、同じようなタイプのような気がしてます。

ダンスは今どきの音楽で、誰が選曲したり振り付けしてるのかが気になりました。玉入れは趣向を凝らしていて、玉入れの合間にダンス、あるいはダンスの合間に玉入れというか、見ていて面白かったです。こちらも今どきの音楽。しかもリリースされて間もない。保守的な選曲にならず、結構柔軟性があるのだなとちょっと関心しました。

長男のしろ組は負けてしまいましたが、クラスメートと和気あいあいとしている様子も見れて、親睦も深まったようですし、意外と春開催も悪くないかもしれないです。

親としては、写真やら何やらが失敗してしまったので、あともう5年続く行事ですから(次男を入れれば10年近く?)、親としては徐々にいろいろ改善していきたいと思います。

 

あとは気づいたことをいくつか。

 

やっぱり狭い

気づいていたのですが、近場の小学校に比べるとだいぶ校庭が狭いです。おそらく50m走のトラックは対角線に引いてやっと確保できる感じ。観客席も当然狭いので、ゆずりあったり、校舎の3階を開放したりと、なかなか新鮮な体験でした。休憩場所として体育館も開放していたのですが、動線の確保が難しいのか、体育館や裏通路を駆使して、次の出番の生徒は準備をしていました。

 

進行が速い

たぶん田舎がゆったり過ぎなんでしょう。進行が速いし、係の先生や生徒の動きもテキパキしているのが印象的でした。仕事をしている身としてはそれくらいは普通なのですが、その普通のレベルが小学生ができちゃったりするとちょっとびっくりします。中にはふざけ合う生徒たちもいましたが、役割をちゃんと果たせる生徒たちが居るというのも良くも悪くも印象的でした。(悪くも というのは、やや役割を淡々とこなしすぎてる感も無きにしもあらず)

 

お昼は家に帰る人が多い

田舎出身の感覚だと、お昼ご飯は家族が見ている観客席へ行って一緒に食べる印象でしたが、そういったことはありませんでした。生徒たちはお弁当ですが、教室で食べます。一応、体育館は開放されているので、家族はそこで食べられるのですが、全体の数から見てほとんど一旦家かどこかへ食べにいったようでした。狭い区画でもありますし、5分~10分で家に帰れるわけで、ずっと出番があるわけでもないので、お昼以外でもちょこちょこ中抜けしている人が多そうでした。

 

カメラとビデオの再考

狭いということもあったので、ズーム5倍のコンデジとスマホだけで臨みましたが、結果はなんとも芳しく無く。

まず、写真かビデオかという点でいうと、ビデオはあった方がいいかもしれないというのが今のところの気持ちです。ただそれはスマホでもいいかもしれません。運動会だけでいうと出番は3回程度ですし、たぶん合わせても30分あるかどうかです。ただ、スチル写真だけで充分かと言われると、相当良いポジション&構図で撮れれば別ですが、なかなか満足度は得にくいかなと思いました。多少手ぶれがあったとして、ビデオの方が現場の空気は伝わるのではと思っています。ただ、引きの画をずっと定点で撮影するのも違う気もしますし。

また、スチル写真のカメラの方を見直そうとすると、まずズーム。5倍では全然足りませんでした。せめて10倍は欲しかったところです。焦点距離でいうと200mmや300mm以上。ただ、それを一眼レフで実現するとなると結構な大きさのレンズになってっしまうので、それならばズームが特徴のコンデジを買ってしまった方がトータルとしては安いかも。

あとはポジショニングですが、これはなかなか難しいです。かけっこ以外は被写体がどの位置にくるかさっぱり分からない。機動力や場所の狭さ・制限を考えるとあまり大きいレンズは難点です。

などなど考えるとこの時期だけビデオカメラやコンデジをレンタルしてしまった方が全体の満足度は高くなりそうです。

 

ちなみに3階から見た様子。

IMG_2093

映画「美女と野獣」

だいぶ前に観た感想を書き留め。

 

実写をみる前に復習がてらアニメ版を観たのですが、終始比較してしまいあまり良くなかったかもです。

役者も良かったし音楽も新しいものが聞けて良かったは良かったのですが、逆にアニメ版の演出のすごさやまとめ方の良さが際立ったかもしれないです。

実写との若干の違いとして、まずは魔女の存在。結局何をしたかったのか、分かるは分かるけれどもやや説教くささがちょっと気になりました。

あとはラストの描きかた。正直アニメ版の方が好みでした。CGだろうとセルだろうと、”アニメーション”という点では評価の観点は変わりはないです。(うまく言語化できないのですが、動きの抑揚、観客の視点の誘導、音楽との調和といった感じです)

アニメ「龍の歯医者」

ほんと映画でも良かったんじゃないかと思うクオリティでした。

直前に本質的じゃない部分で騒がれちゃいましたが、そういう雑音をはねのけるほどの出来栄えだったと思います。(主人公の声は今後ほぼ聞けなくなると思うともったいなかった・・・)

アニメーター見本市から派生した作品ですが、そこで参加していたスタッフがほぼほぼ参加していたようで、音楽はi-depだったところもツボでした。

映画化でもよかったと思うのですが、テレビでNHKでスペシャルでアニメ化というのは無難な落とし所だったのかもしれません。むしろ1~2クール連続アニメでも良かったんじゃないかとも思いますし。

こういう取り組みが続いていってくれると個人的には嬉しいです。

映画「君の名は。」

ようやく観てきました。素直によかったと思います。(上から目線ですが)「こりゃ売れるわ」と率直に思いました。
何しろスタッフ陣が豪華で、看板こそ旧来のままですが、ジブリやIGや名だたるスタジオや有名なスタッフの方々が加わっており、なおかつ配給が「東宝」ですから、脇の甘さもなく、そういったところが「売れるわ」の理由なわけです。
旧来からのファンとしては、画にしてもストーリーにしても、もう少し「濃く」てもよかったかなと思いました。
さて、要素を1つ1つ考察してみますが、まずストーリー。これは前作の「言の葉の庭」と打って変わって、純文学というより、どちらかとうと大衆文学よりになった感があります。セオリーを踏襲しているのも分かります。パンフにもありましたが随分と試行錯誤・勉強したみたいです。細かい所で突っ込みどころは無いわけではないですが、逆にそれが観客の考察や想像を膨らます余地にもなりますし。
画の方については、なんといってもキャラクターデザインの重要性を見せつけられたと思います。アニメーションはすごい人達ばっかりなので文句なし。ただ、画のコントラストについては、新海さんらしさが薄まっていたので、そこが少し不満です。
音楽についてはなかなか評価しがたく、主題歌や歌ものについてはとてもよかったのですが、BGMについてはもう少し印象が薄いかなというのが正直なところです。ストリングスで助けられた部分が多く、やはり青弦さんの音はやはり良いなぁと思った次第です(最初聞いた瞬間に「青弦さんかなぁ」と思ったら当たってたので我ながら勘がいいというか、変なところで耳がいいというか)
大衆向けの作品はこれが初めてではなく「星を追う子ども」が近い作品なのですが、もしこれが配給が東宝で今回のようなスタッフ陣だったならば同じくらいヒットしたんじゃないかと思ってしまいます。少しばかり歯がゆいものがあります。
ポイントも溜まったし今のところ新海さんの作品で1番好みである「言の葉の庭」のブルーレイでも買おうかなぁと思います。

映画「シン・ゴジラ」

夏休みに観てきました。正直、この企画を聞いた時からあまり期待していなかった
わけです。それより新劇のエヴァの方をなんとかしろと、そう思ってたのですが。
期待値が低かった分もあるかもしれないですが、非常によかったです。久々に何度も見返したくなりました。
そしてなぜか同時に、パトレーバーの劇場版を見たくなった訳です。似たような構図といってしまえばそれまでなのですが、押井作品と庵野作品の味わいの違いを楽しみたいというような感じです。
あとは踊るシリーズも少し見返したくなりました。この辺りの共通項といえば「決まらない会議」。(エヴァと踊るについては、1つの要因に音楽がインスパイアを受けて似たようなトーンということもありますが)、会議のシーンは日本人的なカタルシスでもあるのではないかなと思う訳です。ひいては、それは日常的に社会人であれば体験していることで、こういうった映画に出会うとすごく腹落ちするというか、溜飲が下がるわけです。
良かった要因はそれだけではないですが、あとは、どうしても震災の記憶が頭を過る部分があり、教訓的に形を変えて残っていくことは単純に良いことだなとは思いました。その反面、子どもに見せるタイミングはやや躊躇うところがあります。長男は4歳ですが、今見せてもそれなりに楽しむかもしれないですけど、震災のこととか諸々語れるような時に見るのも良いのかもしれないなと。
そんなわけで、早々何度も映画を見に行ける感じでもないので、Blu-rayが出るのを楽しみにしています。