映画「美女と野獣」

だいぶ前に観た感想を書き留め。

 

実写をみる前に復習がてらアニメ版を観たのですが、終始比較してしまいあまり良くなかったかもです。

役者も良かったし音楽も新しいものが聞けて良かったは良かったのですが、逆にアニメ版の演出のすごさやまとめ方の良さが際立ったかもしれないです。

実写との若干の違いとして、まずは魔女の存在。結局何をしたかったのか、分かるは分かるけれどもやや説教くささがちょっと気になりました。

あとはラストの描きかた。正直アニメ版の方が好みでした。CGだろうとセルだろうと、”アニメーション”という点では評価の観点は変わりはないです。(うまく言語化できないのですが、動きの抑揚、観客の視点の誘導、音楽との調和といった感じです)

アニメ「龍の歯医者」

ほんと映画でも良かったんじゃないかと思うクオリティでした。

直前に本質的じゃない部分で騒がれちゃいましたが、そういう雑音をはねのけるほどの出来栄えだったと思います。(主人公の声は今後ほぼ聞けなくなると思うともったいなかった・・・)

アニメーター見本市から派生した作品ですが、そこで参加していたスタッフがほぼほぼ参加していたようで、音楽はi-depだったところもツボでした。

映画化でもよかったと思うのですが、テレビでNHKでスペシャルでアニメ化というのは無難な落とし所だったのかもしれません。むしろ1~2クール連続アニメでも良かったんじゃないかとも思いますし。

こういう取り組みが続いていってくれると個人的には嬉しいです。